住宅の結露がもたらす深刻なトラブルとは?

アナタの家は大丈夫?本当は怖い結露のハナシ

水分とカビは仲良し?見た目にも悪いので要注意

気温の高い場所で冷たい飲み物を飲んでいると、コップに水滴がついている事があります。これが結露と呼ばれ空気中にある水分量が温度差により増えてしまい、それが一定の値を超えると生じます。熱い鍋やラーメンを食べる時にメガネが曇ったり、暑い夏にエアコンをつけているといつの間にか窓に水滴がついていたりするのも結露です。
日常生活でも良く見られるので、特に珍しくもなんとも無い現象ですがケースによっては様々なトラブルを生じさせてしまいます。特に住宅はうまく喚起をしないと熱がこもってしまい結露を起こしやすくなります。それによって様々なトラブルが生じ、場合によっては高額な費用を支払いリフォームや行わなければならない場合もあります。
ここでは結露とは何か?から、結露の原因となるものやトラブルの回避について説明しています。ちなみに結露を防ぐには十分な喚起が重要だといわれていますが、日本の住宅や窓は世界に比べると断熱性能が低く、且つ気密性の高い造りの住宅になっている事が多いので結露を招きやすいです。
一昔前までは多少は仕方が無いという認識ですが、健康被害や様々なトラブルの原因になるので、出来る限り結露が起きない住宅の造りに見直されています。これから住宅を建てる方は断熱性能や喚起を行いやすい住宅にすると良いですし、古い住宅に住んでいる方は自分達である程度の対策が必要です。いつまでも健康で快適な空間で暮らす為にも、今日から見直してみませんか?

結露はどんな時に起きるの?

カビは目に見えず日常生活で存在を認識するのは難しいですが、私達の生活に身近なものです。身体にも悪影響のあるカビですが、結露によって発生してしまうので結露が生じている住宅は要注意です。 ここではカビが発生しやすくなる状況や、改善方法について説明しています。

シックハウスって知っていますか?

住宅を建てる際に様々な塗料や接着剤を使っていますが、それがある事をきっかけに有害な物質に変化してしまう事があります。これをシックハウス症候群と呼び、人体に様々な悪影響を及ぼします。 結露とシックハウス症候群の関係性や気をつけるべきポイントを知りましょう。

住宅の寿命を縮める腐食とは?

柱や壁など住宅の土台と呼ばれる部分が脆くなると強度を失い、不備や事故が起きやすくなってしまいます。 何度も腐食を繰り返していると住宅自体の機能がうまく出来ず、思わぬトラブルに巻き込まれる危険性もあります。結露は腐食を招くので、住宅の敵なのです。

トップへもどる