アナタの家は大丈夫?本当は怖い結露のハナシ

>

結露はどんな時に起きるの?

この記事をシェアする

結露がカビを招く

食べ物や住宅に付着する事の多いカビですが、結露が発生した事でカビを招くケースもあります。カビは基本的に水分と一定の温度がある環境であればどこでも発生します。20~30度前後で発生し、特に人間が過ごしやすいと思っている25度前後になると活発になるのが特徴です。
結露の水分と適度な湿度、温度によって増えたカビは黒い斑点の様になり見た目にもよくありません。更に胞子を撒き散らすのでアレルギー性鼻炎や気管支喘息といった、様々なトラブルが生じます。特に小さなお子さんや高齢者は肺炎にもなりやすく、場合によっては症状が重くなる事も考えられます。
たかがカビ、されどカビなので出来る限り発生させない様に対策していきたいものです。

結露によるカビが発生しやすい場所とは?

住宅の至るところで発生する結露ですが、カビと関連つけて気をつける部分はどこでしょうか。
住宅の壁に面している家具の背面は、何も無い場所に比べると温度が低くなりやすく、且つ喚起がしっかり出来ないので結露が発生しやすいです。人の手が入りにくいのでカビが発生しても気づかずに放置してしまう危険性もあります。
この場合は掃除機に先の細いノズルを取り付けて定期的に清掃を行ったり、湿気を取る乾燥剤を撒いたりしておくと良いです。
同じく人の手が入りにくく室温が下がりやすい押入れの内部にも、乾燥剤を入れておくと布団にカビが移る事を防げます。水周りも水分が多く結露やカビを発生させやすいので、こまめにふき取りや喚起を行って下さい。


トップへもどる